• kawahara063

1日数百人以上利用するJR小倉駅構内トイレへの新・無光触媒エアリスによる抗ウイルスコーティングをいたしました。


施工前トイレ(お手洗い)入口にて撮影

2020年9月16日 深夜1時~3時

JR小倉駅構内のトイレへ、新・無光触媒エアリスによる抗ウイルスコーティングを実施。

(施工前)駅構内男性トイレの手摺部位 

→ATP生菌数測定結果=RLU値865、かなり汚染されています。(RLU値100以上は多い状態)

(施工後)

エアリスコーティング施工後2週間経過時点にて測定=RLU値58へ減少!(-93%)

生菌数は、大幅に減少し、かつ持続的に抗菌効果が発揮されているのを確認できました。

(施工前)女性トイレ手摺部位

→ATP生菌数測定結果=RLU値73、汚染は少ない良好な状態でした。

(施工後)下記画像

2週間経過後測定結果=RLU値63、目安のRLU100を下回っており、エアリスの抗菌効果の持続的に発揮されていることを確認しました!

1日数百人以上の不特定の利用者が使用する駅構内のお手洗いは、様々な菌・ウイルスにお汚染されやすい危険なスペースであり、感染予防の観点から重要な場所と考えます。

新・無光触媒エアリスが、天井、床、壁、便座、手摺、ドアノブなど、手で触れざるを得ない場所へ、抗菌、抗ウイルス効果を持続的に発揮しいることが確認され、このことより接触汚染による感染リスクの低減に効果が高いものであると確信いたします。